妊娠して血糖値が高くなり、お豆腐の料理で血糖値を下げることができました。

普段はは血糖値が高くないのに、妊娠して食が変わってから妊婦健診で血糖値が高いと診断されてしまいました。

それまでは少食で、肉などの脂っこいものも苦手でしたし、お米もほとんど食べませんでした。

しかし、妊娠して、いいか悪いかつわりがなく、むしろ今までよりも倍以上のご飯、しかもお肉やラーメンなど糖が高いものばかり好んで食べるようになったのです。

そのため、検診に行くと尿検査で糖が高いと言われ、毎回健診のたびにドキドキしていました。

よくネットで何時間前なら検査に響かないのか、んあて検索したりもしていましたよ。

そこで気をつけたのが、調理法です。

料理はもちろん私が作るので、お肉料理を食べたいとき、主にお豆腐を使っていました。

例えば、ステーキを食べたい時、お豆腐をステーキのように焼いて似たような味付けをするのです。

また、ハンバーグや肉詰めなんかを作る時にはひき肉をいつもの半分にしてそれにお豆腐を混ぜ込んで焼きます。

意外とこれ使えるんです。

ひき肉を半分にして豆腐を混ぜても味はほとんどお肉と変わりませんし、お肉が半分になったことでカロリーオフ、お豆腐は安いので家計にお優しい、低カロリーなので食べ過ぎてもお肉オンリーよりも体重に響きません。

妊娠中は栄養も取らなければいけないので、食べ過ぎても簡単にダイエットをするわけにはいきません。

血糖値を下げるというのも簡単ではありませんでした。

でも、このお豆腐混ぜ込み作戦でそこからの体重維持と血糖値を下げて維持したままにすることができ、無事に出産を終えることができました。

血糖値を下げる!と思うとあれもダメ、これもダメ、と考えてしまいがちですが、一食ではなくて材料そのものを置き換えると我慢しなくて済みますね。

ちなみに、この方法で血糖値はたくなかったものの、30代になって徐々にお腹のお肉が目立ち始めていた旦那が材料置き換えを始めて四ヶ月で-5kgになったそうです。

この方法なら家族にも協力してもらって健康維持できますね!

ぜひ試してみてください。

(青森県 ペンネーム 一児のままさん)