ゴーヤ茶の脂肪を分解する効果、血糖値を下げる効果があります。

10年以上前でしょうか、テレビで紹介されると爆発的な人気となったゴーヤ茶。

ゴーヤ茶が人気になった理由には、ゴーヤには脂肪を分解する力がありダイエット効果あるとのことです。

世の女性たちに瞬く間情報が広がって、ゴーヤ茶が品切れ続出でした。

今では沖縄のアンテナショップなどで簡単にゴーヤ茶が手に入れることができます。

また、ゴーヤ茶は糖尿病に効くと言われてます。

ゴーヤ茶は沖縄名産のニガウリ「ゴーヤー」が主原料です。

ゴーヤーをスライスして天日干し、乾煎りして青臭さをなくします。

ゴーヤーの苦味成分はモモルデシチンとチャランチンによるものです。

そのゴーヤの二つの成分はインスリンと同じ効果があると言われています。

つまり、ゴーヤには血糖値を下げる効果があるということです。

効果があるのは分かっているのにどんな働きをして血糖値が下がるのか分か

らないってちょっと謎もあるみたいです(苦笑)

さらにゴーヤは食物繊維が豊富でブドウ糖の吸収を遅らせる効果もあるんですね。

そのため、ゴーヤは食後、急激に血糖値が上昇するのを防いでくれるのです。

糖尿病の場合、高血糖の状態が続いてしまうと、血管の中で活性酸素がたまってしまいます。

そのため、動脈硬化が進んでしまうのです。

活性酸素を抑制すると言われているビタミンCやカロテンが沢山含まれているゴーヤが糖尿病に効果があると言われるのも頷けます。

しかも、ゴーヤに含まれるビタミンCは熱に強いため、加熱しても分解されません。

以前はダイエットという言葉に踊らされてゴーヤ茶を買い求めましたがこれからは生活習慣病の予防のためにゴーヤ茶を飲みたいですね。

(北海道 あらきじゅりさん)

たんぽぽコーヒーの効果




血糖値を下げるおすすめのお茶3つ

食事をすれば血糖値は上がってしまいます。

炭水化物や糖質が多い食事では特に急上昇します。

緩く上がれば糖質や脂質が吸収されず、太りにくいです。

血糖値を下げてくれるお茶を3つ紹介します。

ゴーヤ茶、これは沖縄の食材のゴーヤを使用したお茶です。

別名が苦瓜なので苦いのが特徴ですが、血糖値を下げるのはもちろん、美容にも良いです。

ポリペプタイドPという成分がインスリンと似た働きをして、血糖値を下げてくれます。

ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。

ミネラルでは主にビタミンCやカリウムを含んでいます。

ビタミンCは、お肌がきれいになり、カリウムは食事で摂り過ぎた塩分排出に役立ちます。

美肌を兼ねていることから、ゴーヤ茶は女性におすすめできます。

5000年前から飲まれている歴史のあるお茶もあります。

サラシア茶は、サラシノールという成分が炭水化物が小腸で吸収されるのを防いでくれます。

食べたものが小腸で吸収されると血中に糖分があふれ、血糖値が上昇します。

少しでも吸収が抑えられれば、血糖値が上がりにくくなります。

サラシア茶のすごいところは、飲んだ人の実験結果です。

血糖値が下がるのはもちろん、尿から糖の検出もされていません。

つまり、糖尿病の方が飲むと症状を軽くできると思います。

果物の葉の力を利用したお茶もあります。

柿の葉茶は、緑茶よりも20倍も多くビタミンCが含まれています。

このビタミンCはプロビタミンCと言われ、熱に強いのが特徴です。

カテキンとタンニンも含まれていて、この2つが糖分がゆっくり吸収されるようにしてくれます。

緩やかに吸収されるため、血糖値が上がりにくくなります。

(岐阜県 フラワーさん)