トクホのお茶をうまく使って血糖値を下げています。

トクホのお茶には食後の糖の吸収を抑えるものがあります。

糖の吸収を抑える成分には、難消化性デキストリンやグァバ葉ポリフェノール、豆鼓エキスなどがあります。

難消化性デキストリンとは食物繊維のことです。

とうもろこしなどから作っています。

食物繊維は一緒に摂取した糖を包み込んで、血糖値に上昇を抑制しますが、空腹時血糖値の低下は確認されていません。

糖尿病予備軍の方に適したお茶です。

グァバ葉ポリフェノールはグァバの葉から抽出されたポリフェノールです。

食事に含まれる糖の分解を抑えることで血糖値を下げる働きを発揮しています。

食事と一緒に飲むことで血糖値の上昇が抑制されることが確認されています。

12週間飲み続けた実験では、空腹時血糖値が下がっていることがわかりました。

マウスを使った実験では、インスリンが分泌されるようになることが確認されています。

インスリンの働きがよくなると、血液中の糖が肝臓や筋肉に取り込まれて、血糖値を下げることができます。

豆鼓エキスは糖の分解を抑えて、血液中への糖の吸収を抑え、血糖値を下げる働きがあります。

継続して摂取すると、空腹時血糖値やヘモグロビンA1cが下がることがわかっています。

これらのお茶は食事と一緒に飲むことで効果が期待できます。

高血糖を抑える働きがありますが、糖尿病でない家族の方が飲んでも問題ありません。

家族みんなで飲むことができるので、自分だけ家族と違う、という疎外感を感じずに済みます。

(千葉県 ミミコさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です