ヘルシアの成分、高濃度茶カテキンには血糖値を下げる効果があります。

基本的にお茶はどんなものにも健康にいい成分が含まれているため、血糖値を下げることが可能です。

お茶と言っても種類がたくさんありますから、選ぶとなると、どれがいいのだろうと迷ってしまいますよね。

お茶を買いにスーパーに足を運ぶと特定保健用食品のマークが描かれたものが並んでいます。

実はこの特定保健用食品は、消費者庁長官の許可を受けたものだけに許されたもので、健康にいいという証があります。

そして、血糖値を下げる効果は普通のお茶の2倍はあるそうです。

例えば、緑のパッケージが印象的なヘルシアで、これはテレビのCMでもよく見かけます。

キャッチコピーは、脂肪を消費しやすくする、です。

脂肪が山ほどあればあるほど、血糖値を下げるインスリンの働きが鈍り、血糖値が上がりやすくなります。

下げるために大切なのは脂肪を消費すること、血糖値を下げる成分を積極的に摂取することです。

ヘルシアは、高濃度茶カテキンが含まれています。

カテキンという成分が豊富に含まれている緑茶は血糖値を下げることで有名です。

ヘルシアには高濃度の茶カテキンが含まれているため、緑茶のカテキン以上に質が高く、素早く血糖値を下げることが可能です。

高濃度茶カテキンは、β酸化関連酵素を活性化させますから、溜まってしまった脂肪だけでなく、食事から入ってきた段階の脂肪まで分解して燃やしてしまいます。

飲むと血糖値は下がりますが、運動もしっかりするとさらに血糖値を下げることができます。

(岐阜県 緑茶LOVEさん)

グリスリンサプリ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です