血糖値を下げる効果が期待できるおすすめの食品。

血糖値を下げる食品として上げられるのは、野菜で玉ねぎ、ニンニク、レモン、おくら、キノコ、寒天、ブロッコリーなどで、食物繊維が豊富に含まれているものは、基本的に血糖値を下げてくれます。

魚介類では、あさり、シジミ、かき、タコ、イカ、鯖、イワシ、サンマなどがあります。

納豆や大豆、アーモンド、落花生など、血糖値を下げるのに役立っています。

海藻類や豆類などの食べ物には、血糖値を下げる効果があると言われています。

玉ねぎとお酢には、血糖値を下げる認知度としては高く、その効果も大きいと言われています。

玉ねぎに含まれている辛味成分の、硫化プロピルという物質には、ブドウ糖の代謝を促進する働くがあり、結果として血糖値を下げる効果が期待できます。

硫化プロピルは、調理の際に細胞が潰れていますと、その成分が失われてしまうので、繊維に沿って切るようにしてサラダで食べると効果的だとしています。

さらに、お茶類にも血糖値を下げるお茶が多数あります。

まずグァバ茶には、グァバ茶ポリフェノールという成分が含まれていて、血糖値を急激に上げらないように予防する効果があるとされています。

ヤーコン茶には、フラボノイド類やクロロゲン酸などと言ったポリフェノールに、血糖値の上昇を防ぐ効果があるとされています。

バナバ茶には、ミネラルや食物繊維が豊富に含まれていて、特にコロソリン酸という成分に、糖の代謝を促進する作用があります。

同じものをたくさん摂るのではなく、まんべんなくいろんな食材を食べて、血糖値が上がりすぎないように気をつけましょう。

http://www.apdarts.com/