グアバ葉ポリフェノールは糖質を分解する消化酵素の働きを弱める効果があります。

誰でも食事をすれば血糖値が上がります。

血糖値があがるとインシュリンの働きで糖質が肝臓や筋肉細胞や脳細胞などに送られ、同時に血糖値が下がります。

糖尿病になるとその作用がうまく働かずに血糖値の高い状態が続き、神経や血管に負担がかかり、失明や神経障害が起こってしまうことになります。

糖尿病予備軍の方、血糖値が気になる方は、まず第一の予防策として血糖値が上がりにくい食事を心がけることが大事です。

それを助けてくれる作用のあるお茶があります。

熱帯アメリカが原産のグアバです。

グアバはとてもおいしいフルーツで、グアバジュースなども人気があります。

そのグアバの主に葉に含まれる「グアバ葉ポリフェノール」には、血糖値の急激な上昇を抑えてくれる働きがあるのです。

グアバ葉ポリフェノールは、でんぷんや砂糖などからの糖質を分解する消化酵素(アミラーゼ等)の働きを弱める効果があります。

その結果、でんぷん質・糖分の多いものを食べる際に一緒に飲むことで、消化酵素によって生成されるグルコース(ブドウ糖)の量を少なくしてくれます。

最終的に小腸から血中に吸収されるグルコースの量を抑え、血糖値が急激に上昇することを防いでくれるのです。

吸収されるグルコースの量を抑制できるということは、もちろんダイエットにもとても効果的なお茶と言えるでしょう。

またグアバ茶には優れた抗酸化作用もありますから、血糖値抑制効果のほかにアンチエイジング・メラニン抑制効果による美白効果も期待できます。

血糖値が高くてお困りの方は一度、グアバ茶を試してみるといいと思います。

(海外 kiriさん)




ゴーヤ茶の脂肪を分解する効果、血糖値を下げる効果があります。

10年以上前でしょうか、テレビで紹介されると爆発的な人気となったゴーヤ茶。

ゴーヤ茶が人気になった理由には、ゴーヤには脂肪を分解する力がありダイエット効果あるとのことです。

世の女性たちに瞬く間情報が広がって、ゴーヤ茶が品切れ続出でした。

今では沖縄のアンテナショップなどで簡単にゴーヤ茶が手に入れることができます。

また、ゴーヤ茶は糖尿病に効くと言われてます。

ゴーヤ茶は沖縄名産のニガウリ「ゴーヤー」が主原料です。

ゴーヤーをスライスして天日干し、乾煎りして青臭さをなくします。

ゴーヤーの苦味成分はモモルデシチンとチャランチンによるものです。

そのゴーヤの二つの成分はインスリンと同じ効果があると言われています。

つまり、ゴーヤには血糖値を下げる効果があるということです。

効果があるのは分かっているのにどんな働きをして血糖値が下がるのか分か

らないってちょっと謎もあるみたいです(苦笑)

さらにゴーヤは食物繊維が豊富でブドウ糖の吸収を遅らせる効果もあるんですね。

そのため、ゴーヤは食後、急激に血糖値が上昇するのを防いでくれるのです。

糖尿病の場合、高血糖の状態が続いてしまうと、血管の中で活性酸素がたまってしまいます。

そのため、動脈硬化が進んでしまうのです。

活性酸素を抑制すると言われているビタミンCやカロテンが沢山含まれているゴーヤが糖尿病に効果があると言われるのも頷けます。

しかも、ゴーヤに含まれるビタミンCは熱に強いため、加熱しても分解されません。

以前はダイエットという言葉に踊らされてゴーヤ茶を買い求めましたがこれからは生活習慣病の予防のためにゴーヤ茶を飲みたいですね。

(北海道 あらきじゅりさん)

たんぽぽコーヒーの効果




血糖値を下げるおすすめのお茶3つ

食事をすれば血糖値は上がってしまいます。

炭水化物や糖質が多い食事では特に急上昇します。

緩く上がれば糖質や脂質が吸収されず、太りにくいです。

血糖値を下げてくれるお茶を3つ紹介します。

ゴーヤ茶、これは沖縄の食材のゴーヤを使用したお茶です。

別名が苦瓜なので苦いのが特徴ですが、血糖値を下げるのはもちろん、美容にも良いです。

ポリペプタイドPという成分がインスリンと似た働きをして、血糖値を下げてくれます。

ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。

ミネラルでは主にビタミンCやカリウムを含んでいます。

ビタミンCは、お肌がきれいになり、カリウムは食事で摂り過ぎた塩分排出に役立ちます。

美肌を兼ねていることから、ゴーヤ茶は女性におすすめできます。

5000年前から飲まれている歴史のあるお茶もあります。

サラシア茶は、サラシノールという成分が炭水化物が小腸で吸収されるのを防いでくれます。

食べたものが小腸で吸収されると血中に糖分があふれ、血糖値が上昇します。

少しでも吸収が抑えられれば、血糖値が上がりにくくなります。

サラシア茶のすごいところは、飲んだ人の実験結果です。

血糖値が下がるのはもちろん、尿から糖の検出もされていません。

つまり、糖尿病の方が飲むと症状を軽くできると思います。

果物の葉の力を利用したお茶もあります。

柿の葉茶は、緑茶よりも20倍も多くビタミンCが含まれています。

このビタミンCはプロビタミンCと言われ、熱に強いのが特徴です。

カテキンとタンニンも含まれていて、この2つが糖分がゆっくり吸収されるようにしてくれます。

緩やかに吸収されるため、血糖値が上がりにくくなります。

(岐阜県 フラワーさん)




トクホのお茶をうまく使って血糖値を下げています。

トクホのお茶には食後の糖の吸収を抑えるものがあります。

糖の吸収を抑える成分には、難消化性デキストリンやグァバ葉ポリフェノール、豆鼓エキスなどがあります。

難消化性デキストリンとは食物繊維のことです。

とうもろこしなどから作っています。

食物繊維は一緒に摂取した糖を包み込んで、血糖値に上昇を抑制しますが、空腹時血糖値の低下は確認されていません。

糖尿病予備軍の方に適したお茶です。

グァバ葉ポリフェノールはグァバの葉から抽出されたポリフェノールです。

食事に含まれる糖の分解を抑えることで血糖値を下げる働きを発揮しています。

食事と一緒に飲むことで血糖値の上昇が抑制されることが確認されています。

12週間飲み続けた実験では、空腹時血糖値が下がっていることがわかりました。

マウスを使った実験では、インスリンが分泌されるようになることが確認されています。

インスリンの働きがよくなると、血液中の糖が肝臓や筋肉に取り込まれて、血糖値を下げることができます。

豆鼓エキスは糖の分解を抑えて、血液中への糖の吸収を抑え、血糖値を下げる働きがあります。

継続して摂取すると、空腹時血糖値やヘモグロビンA1cが下がることがわかっています。

これらのお茶は食事と一緒に飲むことで効果が期待できます。

高血糖を抑える働きがありますが、糖尿病でない家族の方が飲んでも問題ありません。

家族みんなで飲むことができるので、自分だけ家族と違う、という疎外感を感じずに済みます。

(千葉県 ミミコさん)




ヘルシアの成分、高濃度茶カテキンには血糖値を下げる効果があります。

基本的にお茶はどんなものにも健康にいい成分が含まれているため、血糖値を下げることが可能です。

お茶と言っても種類がたくさんありますから、選ぶとなると、どれがいいのだろうと迷ってしまいますよね。

お茶を買いにスーパーに足を運ぶと特定保健用食品のマークが描かれたものが並んでいます。

実はこの特定保健用食品は、消費者庁長官の許可を受けたものだけに許されたもので、健康にいいという証があります。

そして、血糖値を下げる効果は普通のお茶の2倍はあるそうです。

例えば、緑のパッケージが印象的なヘルシアで、これはテレビのCMでもよく見かけます。

キャッチコピーは、脂肪を消費しやすくする、です。

脂肪が山ほどあればあるほど、血糖値を下げるインスリンの働きが鈍り、血糖値が上がりやすくなります。

下げるために大切なのは脂肪を消費すること、血糖値を下げる成分を積極的に摂取することです。

ヘルシアは、高濃度茶カテキンが含まれています。

カテキンという成分が豊富に含まれている緑茶は血糖値を下げることで有名です。

ヘルシアには高濃度の茶カテキンが含まれているため、緑茶のカテキン以上に質が高く、素早く血糖値を下げることが可能です。

高濃度茶カテキンは、β酸化関連酵素を活性化させますから、溜まってしまった脂肪だけでなく、食事から入ってきた段階の脂肪まで分解して燃やしてしまいます。

飲むと血糖値は下がりますが、運動もしっかりするとさらに血糖値を下げることができます。

(岐阜県 緑茶LOVEさん)

グリスリンサプリ




血糖値を下げるお茶、コーン茶で血糖値を下げています。

血糖値を下げるお茶として、コーン茶が良いようです。

日本ではあまりコーン茶は馴染みが少ないかもしれません。

しかし、コーン茶は韓国では親しまれているお茶のようです。

韓国レストランや韓国食材が売っているお店に行くと、コーン茶を良く見かけます。

コーン茶はとうもろこしの独特の味と香ばしさや香りを持ったお茶です。

食事とも良く合いますので、コーン茶を飲んだら、その美味しさにはまる人もいるのではないでしょうか。

コーン茶は美味しいお茶ですが、さらに血糖値を下げる効果があるのは嬉しいことです。

一般のスーパーなどでもコーン茶は以前よりも販売されるのを見かけるようになりました。

コーン茶をいつものお茶に加えて見ても良いと思います。

とうもろこしは馴染みのある食材です。

コーン茶は日本人にもすんんり受け入れられる味だと思います。

利用しやすいティーパックもあるので、そういったものを利用すれば、もっと手軽にコーン茶を楽しむことができるようになると思います。

健康食品として血糖値を下げる飲み物もありますが、続けていくとなると、けっこうコストがかかってしまいます。

その点、コーン茶は比較的求めやすい価格なのではないかと思います。

血糖値が下がれば、それで終わるわけではなく、その後も正常値を維持していく必要があります。

そのためにも続けやすい飲み物が一番です。

コーン茶は自然な飲み物で、ノンカフェインなので、年齢を問わず飲むことができ、健康のためにも効果があるお茶だと言えるでしょう。

(新潟県 えすえすさん)

コーン茶を近所で販売していない場合は通販サイトで購入することができます。

たとえば楽天なら次ようなコーン茶が販売されています。

4g 70パックで1100円(送料無料、メール便)なので、お求めやすい価格と思います。




番茶の成分のポリサッカライドは血糖値を下げる働きがあります。

血糖値を下げる効果のあるお茶はいくつもあり、グァバ茶やヤーコン茶、バナバ茶などは有名ですが、実は身近なお茶にも血糖値を下げる効果があるものがあります。

我々日本人に最も馴染みの深い煎茶に含まれる茶カテキンには糖質の消化吸収を妨げ、血糖値の上昇を抑えると言う効果がある為、結果的に血糖値を下げる効果が期待できます。

糖の吸収を妨げると言う性質から、食事の時の飲用が効果的です。

そして同じく馴染みが深く、入手が簡単なものでは番茶があります。

番茶にはポリサッカライドいう成分が多く含まれていて、このポリサッカライドは体内でインシュリンとよく似た働きをすることが確認されています。

インシュリンは血糖値を下げる成分ですが、血糖値が高めの方はそのインシュリンの分泌量が低かったり、処理能力以上の糖質を摂取してしまっていたりする訳ですが、ポリサッカライドはインシュリンとよく似た働きをするので、インシュリン不足の方でも血中の糖質を代謝させ、血糖の上昇を穏やかにする効果が望めます。

ただここで注意したいことは、ポリサッカライドは熱に非常に弱い成分だということです。

普通にお湯で淹れてしまっては、せっかくの成分が半減してしまいます。

ポリサッカライドを一番効率よく抽出するためには、20度ほどの水出しをする事が理想です。

寝る前に準備をすれば翌朝にはしっかりと有効成分入りの番茶の完成です。

身近で比較的安価な番茶で血糖値改善、血糖値が気になる方は毎日の食事のお供として試してみてはいかがでしょうか。

(東京都 ゆかりさん)




血糖値上昇を緩和する茶は緑茶、番茶、桑の葉茶、ゴーヤ茶、バナバ茶、ビワ茶など、、

糖尿病は高い血糖がゆっくりと体中を蝕み、各臓器に様々な合併症を引き起こすと言われる恐ろしい病気です。

運動や薬、インシュリン注射による糖尿病の対処や改善法もありますが、飲むだけで血糖値を安定させてくれるお茶というものがあります。

日本人には馴染みの「緑茶」の成分のカテキンは、腸内での吸収を遅らせるために血糖の急上昇を和らげてくれます。

また、「番茶」のポリサッカライドという成分も、血液中の当分を処理する能力が高いとされますが、熱に弱く水出しなどにするとよいといいます。

「桑の葉茶」のデオキシノジリマイシンという成分は、食べ物が小腸でブドウ糖に分解されるのを阻害するとされ、食前に飲むと効果があるとされます。

「ゴーヤ茶」はゴーヤの実を干したもので、そのゴーヤの苦味の成分チャランチンや、「グァバ茶」に含まれるタンニンとケルセチンなども血糖値を上げにくくする効果があると言います。

又、「バナバ茶」や「ビワ茶」にはインスリン様物質というものがあり、「ギムネマ茶」に含まれるギムネマ酸は腸からの糖質の球種を抑えてくれます。

その他にも「烏龍茶」・「プーアール茶」・「ごぼう茶」なども血糖値を安定させる効果が言われています。

しかし、これらの血糖値の上昇を緩和するお茶は薬のような即効性があるわけではなく、「糖の吸収を遅らせる」「インスリンの感受性を高める」などの効果があり、飲み続ける事で血糖値を安定させ糖尿病のリスクを下げてくれると言えそうです。

もし、血糖値が高くてお悩みの方がおりましたら、一度、血糖値の上昇を緩和するお茶を試してみるのもいいかと思います。

これらのお茶はドラッグストアーなどで販売していることが多いです。

もし、販売していない場合でも、楽天、アマゾンなどの通販サイトで販売しています。

(千葉県 hideさん)




定期検査で血糖値が高くなったら秋冬番茶で血糖値を下げよう!

年齢を重ねて行くと血糖値が気になってくるという人は結構多いのではないかと思います。

定期検査をしたら血糖値が高くてどうしようと思っている人もいるでしょう。

そんな人にぜひとも試しに飲んでもらいたいのがこの「秋冬番茶」です。

秋冬番茶はテレビでも紹介されたこともあるのでひょっとしたらちょっと聞いたことがあるという人もいるかもしれませんね。

この秋冬番茶には四番番茶であることからより多くのポリサッカライドが豊富に含まれていることが最大の特徴です。

ポリサッカライドは体内ではインスリンと同じような働きをするのです。

インスリンという物質はインスリン注射でも有名なように体内で血糖値が上昇するの防ぐ効果を持っています。

そのため、同様の効果を持っているポリサッカライドがふんだんに配合されている秋冬番茶は血糖値を下げるのに非常に効果的というわけです。

さらにこの秋冬番茶は静岡県の沼津・市川園の商品なので品質も非常にいいです。

水出しでもお湯出しでも美味しく飲むことが出来ますが、ポリサッカライドは熱に弱いという特徴がありますので、少しでもポリサッカライドを取り入れたいと思うのなら水出しで飲んだ方がいいでしょう。

また、ペットボトル1リットルの水で一晩浸出すると、より多くのポリサッカライドを取り入れやすくなります。

クチコミでも高い評価を得ていて、実際に継続的に飲んでいたら検査で以前よりも血糖値が下がったという声も非常に多いです。

是非一度試してみてください。

(兵庫県 ksさん)

メラトニン通販




血糖値が気になる方へお勧めはヤクルトの蕃爽麗茶(ばんそうれいちゃ)

血糖値が高い状態は色々な合併症を引き起こしやすいと言われており、その為か平均寿命と比べても10~13年短い事も分かっています(-_-;)

血糖値を下げるには、炭水化物や油を控えること!

ですが厳しい食事制限は意外ときつく、続けられない人が多いようです。

肉や油っこい食べ物を食べずに、魚や野菜中心の食生活に満足がいく人は少ないでしょう。

そういう方には食べ方を変える事をお勧めします。

例えば、食事の前に食物繊維を摂る!

なぜ食物繊維を摂ると良いのかと言うと、血糖が上がるのを穏やかにしてくれるのです。

どこかへ出掛けて外食する時などは、最初に野菜やサラダを食べるだけ(^-^)

主食を我慢しなくても良いので、これなら苦にもならずに続けられますよね♪

それから、血糖値を下げるお茶やサプリなんかが販売されています。

その中でもお勧めはヤクルトが出している蕃爽麗茶(ばんそうれいちゃ)です。

この蕃爽麗茶(ばんそうれいちゃ)は特定保険用食品で、グァバ葉ポリフェノールが糖の吸収を穏やかにしてくれます。

グァバ葉のみに含まれる「グァバ葉ポリフェノール」は、炭水化物がブドウ糖へとなる前の段階で、糖を分解する酵素の働きを抑えます。

味は渋味や苦めが強いので、好き嫌いは別れるかもしれません(>_<) 苦いお茶の苦手な人は「蕃爽麗茶香ばし風味」という、飲みやすいお茶もあります。 もちろんこちらもグァバ葉ポリフェノールが入っており、血糖値を下げてくれる特定保険用食品です。 自分の健康は自分で守らなければいけません。 少しずつ、出来る範囲の事から始めてみてください。 車を高く売りたいならココ