市販されていないアレロックを個人輸入で購入しました。

アレロックは市販されていないので、個人輸入代行サイトの『オオサカ堂』で購入ししまいた。
値段は100錠で2875円(送料込)で購入できるので、本当のお買い得だと思います。

商品名:アレロックジェネリック(Winolap5)5mg 【1箱100錠】
有効成分:オロパタジン塩酸塩
発送方法:国際書留郵便
在庫場所:シンガポール
販売価格:1箱(100錠) 2,875円(送料無料、消費税なし)
製造会社:Sun Pharma Laboratories Ltd.(http://www.sunpharma.com/)

>>アレロックジェネリックの購入はこちら

アレロックを服用した時の体験談です。

小学校四年生の時に突然目が猛烈に痒くなり眼科で花粉症だろうと診断されました。

我慢ができなかったのが目の痒みだけだったので、以来春になると眼科で目薬だけをもらうというのを二十代前半まで続けていました。

当然、鼻水とクシャミもありましたが、仕方がないとあきらめ常に柔らかめのポケットティッシュを持参し大量消費していました。

なぜ耳鼻科に行かなかったかというと、花粉症は治らないと言われていたかからでした。

鼻水を抑えるだけの薬なら必要ないと思っていたのです。

それが事もあろうか耳鼻咽喉科のスタッフとして働くことになってしまったのです。

とても優しい先生で、スタッフの診察を丁寧にしてくださいました。

そして春が来て鼻水ズルズルの私は必然的に先生の診察を受けることになったのですが、そこで初めてアレロックという抗アレルギー剤に出会いました。

アレロックは小さい錠剤なのですが、アレロックを飲むと花粉症の効果はてきめんでピタッと鼻水が止まります。

もちろん花粉症の痒みもなくなります。

ただ、アレロックには副作用があり、鼻などの粘膜の乾きと、人によって個人差はあるでしょうが眠気も多少あります。

鼻の穴から喉にかけて、今までに経験したことのないカラッカラに乾いた感じがします。

粘膜の弱い人だと鼻血が出やすくなるかもしれません。

こうした多少のアレロックの副作用の不快感は差し引いても、花粉症がもたらす不快感と比べたらなんでもないレベルです。

アレロックは目の痒みにも有効なので、事実上アレロックだけで花粉症の症状をすべて封じ込めることができると言っても過言ではありません。

十数年の間、春が来るたびに顔まわりがボロボロだったのが嘘のようにすっきりしました。

何か副作用があったとしても、花粉症は春限定ですから割り切って飲む価値のある薬だと思います。

アレロックは一日朝夕二回の服用だったと思います。

今は杉のない国に住んでいるのでアレロックのお世話にはなっていませんが、帰国したら必ずアレロックを服用すると思います。

(海外 オカメインコさん)

こちらのサイトでアレロックが格安で購入できます。




痛風はきちんと治療したら改善できた

過去に痛風になってしまった事がありますが、生活習慣病の1つでありなってしまった事に多少後悔しましたけど、うまく改善していくように治療に専念するようになったのです。

痛風発作が起きた時には、じっとしているだけでも痛かったですから異変を感じてすぐに病院で治療をする事になりましたけど、このまま放置しておくと大変な事になると言われたので自分も痛風と向き合ってこれから治療する事を第一に考えるようになったのです。

痛風の治療方法は、単純なものであってまずは痛みを取る治療をして、それから尿酸値を下げる薬を毎日飲み続けるだけでしたから簡単に治療を行う事ができたのです。

ただ、1つ手間がかかったのが、数か月に1回は病院で診察を受けて、尿酸値を下げる薬をもらう必要がありましたから仕事が忙しい時には予定をあけるのに苦労した感じです。

しかし、きちんと薬を毎日飲んで行くと、尿酸値も徐々に下がって、平均値に落ち着きましたし薬を飲んでからは痛風発作も起こることが無くって、先生の方も順調に改善していっていると言ってくれたので良かったです。

ほっとしたのが、処方された薬が自分の体に合っていて、しっかりと効果が出てきた事ですから、これからも薬を飲んで行けば問題ないと確信できましたし、先生の方も大丈夫だと言ってくれたので良かったです。

痛風発作が起きた時には、きちんと症状の方が改善されるのか、また発作が起きてしまうのか不安な気持ちもありましたけど、きちんと治療していったおかげでそのような心配もなくなって、今では痛風に対する恐怖心はないです。

痛風はたしかに厄介な病気ですが、きちんと治療していけば改善できるものですから、これからもしっかりと痛風と向き合っていきたいです。

(香川県 レアさん)

通販なら尿酸値を下げる薬が簡単に入手することができます。




腰痛にモーラステープ、果たして効果は?

私はもともと腰痛持ちなので、整形外科に行くことが時々あります。

その際に処方される医薬品の1つが、モーラステープなのですね。

でもいつもこのモーラステープ、全部使い切らずに余ってしまうのです。

その理由は、自分で使用してみても、モーラステープの効果がいまいち分からないからです。

整形外科で腰痛を診察してもらうと、痛み止めなどももらうのですね。

そのために普段の痛い時は、痛み止めを飲みつつモーラステープを貼ることが多いのです。

しかしきっと腰痛が和らぐのは、痛み止めのお陰です。

なぜなら、モーラステープを貼らなくても痛み止めだけで、痛みが軽減するからですね。

また仕事をする時にモーラステープを貼っていると、ずれてずれて仕方がない時があります。

手足だったらネットでカバーして使用することができるので、ずれを予防できます。

しかしながら、腰の場合は、コルセットでもしない限り、ずれを予防することが出来ないのです。

そのために使い勝手が悪いなと感じることがあるのですね。

でもお風呂に入った後にモーラステープを貼ると、すっきりするのは確か。

ひんやりしているし、一気にクーリングダウンすることができ、火照った腰の重さが楽になるのですね。

そういった意味でモーラステープも手放せないでいるのです。

調べてみるとモーラステープの中には、炎症成分を抑える作用が入っているとか。

そのために患部の熱を下げて、炎症を抑えてくれるのですね。

ただその効果をいまいち実感できないのが残念なところです。

もしかするともう処方歴が3年にもなるので、体が馴れきってしまったのでしょうか?

一旦休止するとまだ効果を実感できるようになるのでしょうか?

せっかくあるのだから使っていますが、もう少し実感したいところです。

(マレーシア、ひろさん)




今からできるむくみの解消法

むくみは女性にとって大きな悩みとなっているでしょう。

顔や下半身がパンパンにむくむことにより、体重に変化がなくても見て目に太って見られるのもデメリットです。

中には、「朝は、履けたはずの靴やブーツが夕方になると履けなくなった」という事態に陥ることもあります。

むくみの原因は、本来なら必要ない水分が体内に溜まってしまうことで起こることです。

解消するためには、この余分な水分をいち早く体の外へ排出することが必要となります。

それでは、簡単にできるむくみ解消法をいくつか紹介していきましょう。

まずは、利用作用の高い食材やお茶などを摂取することです。

食材としては、カキやスイカなどの果物やキュウリ、冬瓜などの野菜など利用作用が高いものを摂取することです。

毎日の食事に積極的に取り入れていくとよいでしょう。

また、カフェインを含む飲み物にも利用作用があります。

具体的には、コーヒーや緑茶、紅茶やウーロン茶などです。

これらの飲み物には強いカフェインが配合されているので、飲んでいるとトイレに行く回数が増えていきます。

次に、ウォーキングやジョギングなどの適度な運動です。

体を動かすことにより、血液や林班p流れもよくしてくれます。

また、心臓の下あたりまでお湯につかる「半身浴」もおすすめです。

ぬるめのお湯にじっくりと浸かっているとじんわりと汗をかくことができます。

体を温めながら全身の水分をくまなく排出することができます。

加えて、リンパマッサージなども体内の毒素を出しやすくするのでお勧めです。

むくみを感じることが多い、顔や足などをリンパの流れを意識しながらさすったり、もみほぐしてみたりしてマッサージしていきます。

リンパマッサージは即効性が高いので、むくみを感じたときにやってみるとよいでしょう。

さらには、むくみが解消する成分を含んだ薬やサプリメントもおすすめです。

むくみの解消法はこちら⇒http://xn--y8j2c5bc7310i.net/




糖尿病で薬を飲む前に生活習慣を改善して、血糖値を下げました。

会社の健康診断で血糖値が高いと言われたことはありませんか?

そうするとほとんどは再検査ということになります。

私の糖尿病治療も実はここから始まりました。

再検査に行くと血糖値は140くらいでやはり高いといわれました。

私はきっと医者から生活習慣についていろいろ聞かれてきっとここを直せあそこを直せと言われるのだろうと思っていました。

ところが、そんなことはなくあっさりと「1か月分の薬を出しておくので1か月後に来てください。予約はいつにしますか?」と聞かれました。

そしてその日から薬を飲み始めまたんですね。

なんか薬を飲んでいることで安心して特に生活習慣を改善していくこともしませんでした。

1か月後に医者へ行って検査すると血糖値は下がっていましたが、「いい感じになりましたね。薬を続けてください。ではまた1か月後に来てください。予約はいつにしますか?」と言われました。

そして知らず知らずのうちに1か月単位の通院が1年続き、「では来月からは2か月に1回で結構です。薬は2か月分出しておきます。予約はいつにしますか?」と言われました。

それから2~3回医者にいったんですが、だんだんこれっておかしくないか?と思い出しました。

成人病をわざわざ生活習慣病などと名前を変えたんですから、原因は生活習慣なんですよね。

それなら生活習慣を改善するのが優先でそのことより薬を出し続ける医者っておかしくないかって考えたんですね。

それから2か月間は少しづつ薬を減らして、そのかわりに体重のコントロール、早い話が野菜中心の食事でダイエットをしながらほぼ毎日歩けるだけ歩きました。

だいたい5000歩~10000歩くらいでしょうか。

そうすると薬をやめても血糖値は100程度と正常な状態になりました。

もちろん自己責任において行ったことですが、薬より前にすることはあるのに医者はすぐに薬を出すのはなぜなんでしょう?

薬より前に生活習慣の改善が最も大切なことで、それでもだめなら薬を飲むべきだと私は思います。

(京都市 ちっちゃいおっさんさん)