食後の血糖値が下げるために糖の吸収を抑える薬(グルコバイ)を飲んでいます。

注目

私の家は糖尿病のものが多く、父も糖尿病由来の病気でなくなっています。

私も境界型糖尿病で、食後高血糖になります。なんとかしなければと思っていたところ、知り合いから糖の吸収を抑える薬(グルコバイ)が通販で買えると教えてもらって、飲み始めました。

口コミにもありますが、飲んだ後はお腹が張ってオナラがでます。

ただ、オナラは臭くないので、それは助かります。

そして、便の量も増えました。

グルコバイの効果かあまりお腹が減ったような気がしません。

値段は私が買っているサイトでは100mgのものが90錠で2906円(価格は為替によって変化します。)

で、割と安く購入できます。

食事前に1回1錠飲むと1ヶ月ほどもちますし、

炭水化物を多く食べた時だけ飲んでいる方もいるようです。

私の場合、これを飲むようなって、健康診断のヘモグロビンA1c の値が正常値になっているので、リピしていこうと思っています。

>>血糖値を抑える薬(グルコバイ)の購入はこちら




グアバ葉ポリフェノールは糖質を分解する消化酵素の働きを弱める効果があります。

誰でも食事をすれば血糖値が上がります。

血糖値があがるとインシュリンの働きで糖質が肝臓や筋肉細胞や脳細胞などに送られ、同時に血糖値が下がります。

糖尿病になるとその作用がうまく働かずに血糖値の高い状態が続き、神経や血管に負担がかかり、失明や神経障害が起こってしまうことになります。

糖尿病予備軍の方、血糖値が気になる方は、まず第一の予防策として血糖値が上がりにくい食事を心がけることが大事です。

それを助けてくれる作用のあるお茶があります。

熱帯アメリカが原産のグアバです。

グアバはとてもおいしいフルーツで、グアバジュースなども人気があります。

そのグアバの主に葉に含まれる「グアバ葉ポリフェノール」には、血糖値の急激な上昇を抑えてくれる働きがあるのです。

グアバ葉ポリフェノールは、でんぷんや砂糖などからの糖質を分解する消化酵素(アミラーゼ等)の働きを弱める効果があります。

その結果、でんぷん質・糖分の多いものを食べる際に一緒に飲むことで、消化酵素によって生成されるグルコース(ブドウ糖)の量を少なくしてくれます。

最終的に小腸から血中に吸収されるグルコースの量を抑え、血糖値が急激に上昇することを防いでくれるのです。

吸収されるグルコースの量を抑制できるということは、もちろんダイエットにもとても効果的なお茶と言えるでしょう。

またグアバ茶には優れた抗酸化作用もありますから、血糖値抑制効果のほかにアンチエイジング・メラニン抑制効果による美白効果も期待できます。

血糖値が高くてお困りの方は一度、グアバ茶を試してみるといいと思います。

(海外 kiriさん)




糖尿病で薬を飲む前に生活習慣を改善して、血糖値を下げました。

会社の健康診断で血糖値が高いと言われたことはありませんか?

そうするとほとんどは再検査ということになります。

私の糖尿病治療も実はここから始まりました。

再検査に行くと血糖値は140くらいでやはり高いといわれました。

私はきっと医者から生活習慣についていろいろ聞かれてきっとここを直せあそこを直せと言われるのだろうと思っていました。

ところが、そんなことはなくあっさりと「1か月分の薬を出しておくので1か月後に来てください。予約はいつにしますか?」と聞かれました。

そしてその日から薬を飲み始めまたんですね。

なんか薬を飲んでいることで安心して特に生活習慣を改善していくこともしませんでした。

1か月後に医者へ行って検査すると血糖値は下がっていましたが、「いい感じになりましたね。薬を続けてください。ではまた1か月後に来てください。予約はいつにしますか?」と言われました。

そして知らず知らずのうちに1か月単位の通院が1年続き、「では来月からは2か月に1回で結構です。薬は2か月分出しておきます。予約はいつにしますか?」と言われました。

それから2~3回医者にいったんですが、だんだんこれっておかしくないか?と思い出しました。

成人病をわざわざ生活習慣病などと名前を変えたんですから、原因は生活習慣なんですよね。

それなら生活習慣を改善するのが優先でそのことより薬を出し続ける医者っておかしくないかって考えたんですね。

それから2か月間は少しづつ薬を減らして、そのかわりに体重のコントロール、早い話が野菜中心の食事でダイエットをしながらほぼ毎日歩けるだけ歩きました。

だいたい5000歩~10000歩くらいでしょうか。

そうすると薬をやめても血糖値は100程度と正常な状態になりました。

もちろん自己責任において行ったことですが、薬より前にすることはあるのに医者はすぐに薬を出すのはなぜなんでしょう?

薬より前に生活習慣の改善が最も大切なことで、それでもだめなら薬を飲むべきだと私は思います。

(京都市 ちっちゃいおっさんさん)




妊娠して血糖値が高くなり、お豆腐の料理で血糖値を下げることができました。

普段はは血糖値が高くないのに、妊娠して食が変わってから妊婦健診で血糖値が高いと診断されてしまいました。

それまでは少食で、肉などの脂っこいものも苦手でしたし、お米もほとんど食べませんでした。

しかし、妊娠して、いいか悪いかつわりがなく、むしろ今までよりも倍以上のご飯、しかもお肉やラーメンなど糖が高いものばかり好んで食べるようになったのです。

そのため、検診に行くと尿検査で糖が高いと言われ、毎回健診のたびにドキドキしていました。

よくネットで何時間前なら検査に響かないのか、んあて検索したりもしていましたよ。

そこで気をつけたのが、調理法です。

料理はもちろん私が作るので、お肉料理を食べたいとき、主にお豆腐を使っていました。

例えば、ステーキを食べたい時、お豆腐をステーキのように焼いて似たような味付けをするのです。

また、ハンバーグや肉詰めなんかを作る時にはひき肉をいつもの半分にしてそれにお豆腐を混ぜ込んで焼きます。

意外とこれ使えるんです。

ひき肉を半分にして豆腐を混ぜても味はほとんどお肉と変わりませんし、お肉が半分になったことでカロリーオフ、お豆腐は安いので家計にお優しい、低カロリーなので食べ過ぎてもお肉オンリーよりも体重に響きません。

妊娠中は栄養も取らなければいけないので、食べ過ぎても簡単にダイエットをするわけにはいきません。

血糖値を下げるというのも簡単ではありませんでした。

でも、このお豆腐混ぜ込み作戦でそこからの体重維持と血糖値を下げて維持したままにすることができ、無事に出産を終えることができました。

血糖値を下げる!と思うとあれもダメ、これもダメ、と考えてしまいがちですが、一食ではなくて材料そのものを置き換えると我慢しなくて済みますね。

ちなみに、この方法で血糖値はたくなかったものの、30代になって徐々にお腹のお肉が目立ち始めていた旦那が材料置き換えを始めて四ヶ月で-5kgになったそうです。

この方法なら家族にも協力してもらって健康維持できますね!

ぜひ試してみてください。

(青森県 ペンネーム 一児のままさん)




押し麦は血糖値を下げる効果のほかにもコレステロールを下げる効果あります。

私の家系は完全な糖尿病家系です。

祖母も含め、父も私も血糖値が高く、注意が必要とされています。

血糖値について、それほど気にしていませんでしたが、先日の健康診断で要注意となりました。

糖尿病になると通院や投薬がずっと続き、大変な病気です。

これは大変と思い、さっそく、食事を見直す事にしました。

私は、甘いものが大好きなので、毎日のように甘いものを食べていましたが、なるべく控える事にしました。

甘いものを完全に控えたいところですが、ストレスもよくないようなので、控えめにする程度にしました。

そして、さらに何か予防できるものはないかと思っていたところ、知ったのが「押し麦」です。

「押し麦」は、食物繊維がたっぷりです。

「押し麦」には食物繊維の中でも水溶性食物繊維でβグルカンという成分が入っていて、血糖値を下げる効果があるそうです。

そして、なんといっても、この「押し麦」ですが、食感が私好みなのです。

モチモチしていて、噛むとプチっとした感じです。

普通の白米よりも、私好みなのです。

この「押し麦」ですが、スーパーで簡単に手に入れる事ができます。

お米売り場で、500gくらいで売っています。

それをご飯を炊く時に、大さじ2~3くらい加えて、一緒に炊くだけです。

とても、簡単に食べる事ができます。

そして、半年ほど、白米に混ぜた「押し麦」を食べ続けました。

その結果、見事、血糖値を下げる事が出来ました。

現在は、正常値です。

それと同時になんと、少し高めで気になっていたコレステロール値も一緒に下げる事が出来ました。

「押し麦」には、血糖値だけではなく、さまざまな生活習慣病の改善に効果があるようです。

更に、美肌やダイエットなど、いいことづくめです。

おいしく、血糖値も下げられる食品「押し麦」、すごくおすすめです。

もし、血糖値が高くお悩みの方は押し麦を試してみてください。

(東京都 りもこんさん)




ゴーヤ茶の脂肪を分解する効果、血糖値を下げる効果があります。

10年以上前でしょうか、テレビで紹介されると爆発的な人気となったゴーヤ茶。

ゴーヤ茶が人気になった理由には、ゴーヤには脂肪を分解する力がありダイエット効果あるとのことです。

世の女性たちに瞬く間情報が広がって、ゴーヤ茶が品切れ続出でした。

今では沖縄のアンテナショップなどで簡単にゴーヤ茶が手に入れることができます。

また、ゴーヤ茶は糖尿病に効くと言われてます。

ゴーヤ茶は沖縄名産のニガウリ「ゴーヤー」が主原料です。

ゴーヤーをスライスして天日干し、乾煎りして青臭さをなくします。

ゴーヤーの苦味成分はモモルデシチンとチャランチンによるものです。

そのゴーヤの二つの成分はインスリンと同じ効果があると言われています。

つまり、ゴーヤには血糖値を下げる効果があるということです。

効果があるのは分かっているのにどんな働きをして血糖値が下がるのか分か

らないってちょっと謎もあるみたいです(苦笑)

さらにゴーヤは食物繊維が豊富でブドウ糖の吸収を遅らせる効果もあるんですね。

そのため、ゴーヤは食後、急激に血糖値が上昇するのを防いでくれるのです。

糖尿病の場合、高血糖の状態が続いてしまうと、血管の中で活性酸素がたまってしまいます。

そのため、動脈硬化が進んでしまうのです。

活性酸素を抑制すると言われているビタミンCやカロテンが沢山含まれているゴーヤが糖尿病に効果があると言われるのも頷けます。

しかも、ゴーヤに含まれるビタミンCは熱に強いため、加熱しても分解されません。

以前はダイエットという言葉に踊らされてゴーヤ茶を買い求めましたがこれからは生活習慣病の予防のためにゴーヤ茶を飲みたいですね。

(北海道 あらきじゅりさん)

たんぽぽコーヒーの効果




血糖値を下げるおすすめのお茶3つ

食事をすれば血糖値は上がってしまいます。

炭水化物や糖質が多い食事では特に急上昇します。

緩く上がれば糖質や脂質が吸収されず、太りにくいです。

血糖値を下げてくれるお茶を3つ紹介します。

ゴーヤ茶、これは沖縄の食材のゴーヤを使用したお茶です。

別名が苦瓜なので苦いのが特徴ですが、血糖値を下げるのはもちろん、美容にも良いです。

ポリペプタイドPという成分がインスリンと似た働きをして、血糖値を下げてくれます。

ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。

ミネラルでは主にビタミンCやカリウムを含んでいます。

ビタミンCは、お肌がきれいになり、カリウムは食事で摂り過ぎた塩分排出に役立ちます。

美肌を兼ねていることから、ゴーヤ茶は女性におすすめできます。

5000年前から飲まれている歴史のあるお茶もあります。

サラシア茶は、サラシノールという成分が炭水化物が小腸で吸収されるのを防いでくれます。

食べたものが小腸で吸収されると血中に糖分があふれ、血糖値が上昇します。

少しでも吸収が抑えられれば、血糖値が上がりにくくなります。

サラシア茶のすごいところは、飲んだ人の実験結果です。

血糖値が下がるのはもちろん、尿から糖の検出もされていません。

つまり、糖尿病の方が飲むと症状を軽くできると思います。

果物の葉の力を利用したお茶もあります。

柿の葉茶は、緑茶よりも20倍も多くビタミンCが含まれています。

このビタミンCはプロビタミンCと言われ、熱に強いのが特徴です。

カテキンとタンニンも含まれていて、この2つが糖分がゆっくり吸収されるようにしてくれます。

緩やかに吸収されるため、血糖値が上がりにくくなります。

(岐阜県 フラワーさん)




アラプラス糖ダウンという糖分の消費を促すサプリが発売されました。

SBIホールディングスの関連会社さんから、アラプラス糖ダウンという体内の糖分の燃焼をサポートするサプリメントが発売されました。

ものは試しで、30日分を購入しました。

糖ダウン

届いたら、試してみます。

このサイトを見ると
こんなことが書いています。

「アラプラス 糖ダウン」は、「機能性関与成分」として「5-アミノレブリン酸リン酸塩」(※2)を配合。 「本品は5-アミノレブリン酸リン酸塩を含み、高めの空腹時血糖値を正常に近づけることをサポートし、 食後血糖値の上昇を穏やかにする機能があります。

どこにも糖分の燃焼をサポートすると書いていません。

オンラインサイトの方には

アラプラス 糖ダウンは、糖を燃焼してエネルギーに変える力を高め、高めの空腹時血糖値を正常に近づけることをサポートし、食後血糖値の上昇を穏やかにする新発想のサプリメントです。

さて、気になるお値段ですが、30日分で5292円です。

さて、これが高いのか安いのかです。

効果があれば、安いのですが、飲んでも、効果がなければ、高い買い物になります。

ネットではまだ、全然、口コミがありません。

関係者の方が、実際にやせて、体験談でもアップしてくれればいいのですが。

私がアラプラス糖ダウンのレビュー一番のりになるのでしょうか

商品がついたら、また、連絡します。

>>アラプラス糖ダウンの公式サイトはこちら

トクホのお茶をうまく使って血糖値を下げています。

トクホのお茶には食後の糖の吸収を抑えるものがあります。

糖の吸収を抑える成分には、難消化性デキストリンやグァバ葉ポリフェノール、豆鼓エキスなどがあります。

難消化性デキストリンとは食物繊維のことです。

とうもろこしなどから作っています。

食物繊維は一緒に摂取した糖を包み込んで、血糖値に上昇を抑制しますが、空腹時血糖値の低下は確認されていません。

糖尿病予備軍の方に適したお茶です。

グァバ葉ポリフェノールはグァバの葉から抽出されたポリフェノールです。

食事に含まれる糖の分解を抑えることで血糖値を下げる働きを発揮しています。

食事と一緒に飲むことで血糖値の上昇が抑制されることが確認されています。

12週間飲み続けた実験では、空腹時血糖値が下がっていることがわかりました。

マウスを使った実験では、インスリンが分泌されるようになることが確認されています。

インスリンの働きがよくなると、血液中の糖が肝臓や筋肉に取り込まれて、血糖値を下げることができます。

豆鼓エキスは糖の分解を抑えて、血液中への糖の吸収を抑え、血糖値を下げる働きがあります。

継続して摂取すると、空腹時血糖値やヘモグロビンA1cが下がることがわかっています。

これらのお茶は食事と一緒に飲むことで効果が期待できます。

高血糖を抑える働きがありますが、糖尿病でない家族の方が飲んでも問題ありません。

家族みんなで飲むことができるので、自分だけ家族と違う、という疎外感を感じずに済みます。

(千葉県 ミミコさん)

抗生物質市販